どう選ぶ?注文住宅の依頼先

さまざまな注文住宅の依頼先を知って理想の我が家を建てましょう

理想のマイホームを実現することができるのが注文住宅です。
注文住宅で最も大切なことの一つが建築の依頼先を決めるということです。
注文住宅は設計や工事になれば何もかも自分の意見で進めていくよりは、建築のプロの経験や知恵を引き出して上手に利用していくことでより良い住まいづくりができますが、それには信頼できる建築の依頼先が必要です。
家づくりは1年近くかかる大事業ですし、完成した後もメンテナンスが必要ですので、そうしたプロセスを共有しながら、完成後も長く付き合って行ける建築先を選ぶことが大切です。
注文住宅の依頼先としては、大手ハウスメーカー、地元の工務店、建設設計事務所の3つが一般的に知られており、それぞれに特徴があります。

それぞれの依頼先の特徴とは

家づくりといえばまず思いつくのが大手ハウスメーカーで、テレビや新聞などの広告でもお馴染みです。
ハウスメーカーは住宅資材の生産を工業化して商品として販売しており、モデルハウスにてその内容をチェックすることができます。
大手ハウスメーカーの場合はプランニングから着工まで営業マンが担当になりますので営業マンとの相性も大切になります。
次に地元密着型の工務店も多くの方に選ばれている注文住宅の依頼先です。
規模は小さいながらも小回りがきき素早い対応をしてくれるというメリットがあります。
建築家の設計事務所はこだわりの住まいを作りたいという方に好評で、建築家との住まいへの考え方やコストが合致すれば、理想の住まいに近づきます。

建売住宅という言葉は耳にした事はあると思いますが、土地と建物をセットで販売する新築分譲住宅のことを言います。